マカイバリ茶園アジア・日本総代理店 マカイバリジャパン公式ホームページ
紅茶の中の紅茶、マカイバリ紅茶
マカイバリ茶園アジア・日本総代理店
マカイバリジャパン
紅茶メニュー
紅茶 マカイバリ紅茶の世界マカイバリ紅茶物語ダージリン国際協力紅茶:マカイバリ紅茶マカイバリ紅茶通販紅茶通販注文紅茶一覧
取得資格・賞 | 掲載記事会社概要卸売販売メールマガジンお問い合わせFAQサイトマップ | ホーム
紅茶通販
マカイバリ紅茶農園マカイバリ茶園:自然との共生

バイオダイナミック農法


茶園主講演記録
 

ホーム > マカイバリの世界 > マカイバリ茶園
ダージリン マカイバリ紅茶園マカイバリ茶園

マカイバリ茶園〜自然と人間が調和する世界〜

 マカイバリ茶園は1840年代からイギリス人により創業された、ダージリン地方で長い歴史を持つ茶園の一つです。1856年、商業目的としてダージリンで最初に紅茶農園を始めたイギリス人・サムラー大尉によって始められたマカイバリ茶園は、1857年にG.C.バナジー氏に営業権が譲渡され、同年に製茶工場設立、1859年にはマカイバリ茶園(Makaibari Tea Estates)の名が正式登録されました。以後、現4代目茶園主スワラージ・クマール・バナジー氏(通称ラジャ)に至るまで、バナジー家が茶園の人々と一緒に生活し、茶園経営を行っています。 

 「マカイ」とはネパール語で「トウモロコシ」。「バリ」とは「肥沃な土地」。
 マカイバリ茶園に紅茶が植えられる前、その地は肥沃なトウモロコシ畑でした。

 インド西ベンガル州ダージリンに設立されたマカイバリ茶園は、良質な紅茶園が多数ある、西ベンガル州カーシオン地区(Kurseong)に位置し、総敷地面積が670ha、東京ドームの約145倍です。その3分の1(270ha)が茶畑に、残りの3分の2(400ha)が原生林のまま残され、無数の野生動物が生息しています。

 マカイバリ茶園は4つの山にまたがり、7つの村からなっています。680人のコミュニティー(茶園主は従業員と呼ばず、コミュニティーと呼びます)と、その家族1,700人が茶園の敷地内で暮らしています。茶園には政府系の小学校が2つあり、茶園の子どもたちはその小学校に通っています。

  自然と人間が調和する世界〜マカイバリ茶園。約700haある広大な敷地の3分の2は原生林のまま残され、残りの3分の1は茶畑にしているためマカイバリ茶園にはトラ、ヒョウ、シカ、ヤギ、ウサギ、そして紅茶の神様といわれるティー・ディバまで、無数の動物が野生のまま生息しているのです。なかでも野鳥はなんと300種類。まさに自然の楽園なのです。




マカイバリ茶園アジア・日本総代理店 有限会社マカイバリジャパン
〒166-0001 東京都杉並区阿佐谷北5-17-12
tel: 03-3338-6718, 6719 / fax: 03-3338-6732 / tea@makaibari.co.jp

「マカイバリ」の呼称およびロゴは有限会社マカイバリジャパンの登録商標です
Copyright (C) 2011 Makaibari Japan Ltd. All Rights Reserved.